ホーム

  English

  German


  通訳

  翻訳

  コンサルティング


  プロフィール

  専門教育

  推薦状

  執筆

  連絡先

  データ・個人情報保護

連載記事
日本語とドイツ語による記事
ドイツと日本の

文化

社会

経済について



掲載例:

花崎泰雄ブログ
朝日新聞
NHK出版
小学館
信濃毎日新聞
Mannheimer Morgen


ジャーナリストとしてインタヴュー中の
小野フェラー雅美







記事の例 ご希望のタイトルをクリックしてください

花崎泰雄ブログ
「メルケル政権の脱原発政策の理念」
「スルタン的支配への回帰」
「ISとの戦い」

記事の例 ご希望のタイトルをクリックしてください

朝日新聞
「ドイツ歳歳」コラム、35回 (群馬版、2008年5月29日~2009年10月15日)
「外国人労働者 – 定住者の声を反映する仕組みを」 (2006年8月24日)

NHK-出版 「ラジオドイツ語講座」(月々10万部発行)

「ドイツ温泉町巡り」12回シリーズ (2007年4月‐2008年3月)

「ふだん着の一皿」12回シリーズ (2006年4月‐2007年3月)

「ワールドカップレポート」6回シリーズ、ドイツ「キッカー」誌との提携
(2006年4月‐2006年9月)


「プラッツ」12回シリーズ (2005年4月‐2006年3月)

「ドイツのマイスターたち」18回シリーズ、コーディネート (2003年10月‐2005年3月)

小学館 「中学教育」
「ドイツ教育の現在」自主性を育てる教育 (2004年9月)

「ドイツ教育の現在」戦後教育 (2004年10月)

「ドイツ教育の現在」外国語教育 (2004年11月)

信濃毎日新聞 (2005年から年に3-4回)
21. 「増えるオープンな本棚」 (2012年5月28日) – NIE(教育用新聞記事)に導入 導入採用
18. 「生物圏保護地域に脚光」 (2011年8月17日) – NIE(教育用新聞記事)に導入 導入採用
12. 「メルケル首相好評だけど」 (2008年7月12日)
10. 「温暖化政策 住宅分野に人気」 (2007年7月26日)
7.「一瞬ドキッ オープンなPR」(2006年10月19日)
2. 「後ろめたい過去学ぶ教育」 (2005年7月6日)

マンハイマー・モルゲン日刊新聞
「扇子と白いマスクで」(1986年2月26日)

「鉄と石の集中力」(1986年2月24日)

「竹の音色と包丁式」(1986年2月21日)



コンタクト
Masami Ono-Feller M.A. BDÜ
Max-Bruch-Straße 7
D-51465 Bergisch Gladbach
Germany
電話: +49 (0)2202 38145

info@ono-feller.de
推薦・紹介はお尋ねください
出版物リスト